コロナによるセックスの回数は?幸せになるにはコレ

 

マスク、手荒い、人との接触距離をとるソーシャルディスタンス、三密など、生活スタイルの変化も余儀なくされている今日この頃。

 

自粛生活で、外出ができす彼氏とのデートやセックスもままならん!という人も多いはず。

 

密な場所がダメとか、繁華街はマズイとか…デートするにしてもラブホテルなんて、不特定多数が利用するので抵抗感を感じている人も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、下半身はどうなの!セックスはどうなってんの、専門家でも男女の営みにはアドバイスできないのか?

 

彼氏のいる女子は、コロナ以前は週にセックスの回数が1回くらいが主流だったのが、コロナ以降は回数も減っている。
特に20代や30代女性に影響が大きいように感じています。

 

コロナウィルスは、唾液などの飛沫が感染を広げるということが明らかになっているし、手についたウィルスが目や鼻などの粘膜から感染するということもわかっています。

 

 

セックスって、言わずと知れた濃厚接触する行為。
あんなことやこんなこともやって、粘膜は思いきり接触しちゃいます。

 

マスクしてやるわけにはいない行為ですよね。

 

世の中の男女が、ソーシャルディスタンスを取れば、そりゃーセックスの頻度も減ってくるよね。

 

 

コロナで厄介なのは、問題意識が性格や年齢によって違い、男女間に溝を作ってしまうこと。

 

でも、そこは夫婦はもちろん、彼氏彼女の場合もちゃんと話し合っておくべき。

 

だって濃厚接触者になるんですから、もし感染してしまったことも考えて、それぞれの意見を合わせておいたほうが良いからです。

 

 

それが、夫婦、恋人円環に繋がる気がします。

 

私的には、セックスの回数よりも中身の充実度で勝負することを提唱したい!

 

今のコロナ薄の中では、同じ相手とマンネリにならずセックスをするということにシフトしたほうが幸せになれると気づかされました。

 

TOPへ

 

このページの先頭へ戻る